スタッフブログ

グラファイトデザイン RAUNE アイアン インプレッション

鈴木です。

 

 

最近5アイアンの弾道が理想より低くなってきてしまったので、試しにシャフトを換えてみました。

グラファイトデザイン RAUNE i105xです。

発売当初はプロ・アマ問わず大人気で品薄だったシャフト。

今は在庫もしっかりあり普通に手に入ります。

RAUNEのネーミングは「ねらう」を反対から読んだらしいです。

それだけコントロールしやすいシャフトということでしょう。

 

 

さて、試打した第一印象は「よく撓る」という印象。

6アイアン以降はダイナミックゴールドなので重めの105にしたんですが、撓りが大きいという話を聞いていたのでXシャフトにしてみたんです。

Xシャフトでもしっかり撓りを感じ取れて、切り返しで非常にタイミングが取りやすいです。

ダイナミックゴールドS200を使っている方はXで丁度いいくらいの硬さ。

撓るポイントは中間部分かな。

手元と先端はしっかりしています。

ゆっくり大きめに撓って、撓りが戻ってくるスピードも比較的ゆっくりです。

左を気にせず振っていけます。

ただ、撓りっぱなしで戻ってこないシャフトではないので扱いやすいんですね。

 

 

弾道は理想通り高くなりました。

ミスヒットした時も意外と上がるので、5アイアンが易しくなった感じ。

しかも、飛距離が5ヤードくらい伸びたかな。

今までより飛んで止まる球が打てるのはありがたいです。

人気で品薄になったのは納得です。

関連記事一覧

PAGE TOP