スタッフブログ

たかがティ、されどティなのかな・・・

昔から、ティを目標方向に少し傾けると

 

視覚的にスライスしにくくなる、という話は聞いたことがあります。

 

ティの根元より、ボールの位置の方が目標方向にあると

 

インパクトでフェースが返る時間が多く使えるように感じるからでしょう。

 

最近、それとは別の理由で斜めに傾いているティが人気だそうです。

 

ナナメッティー

 

na・na・meッティナナメッティ)です。

 

ティの軸に対して、受け皿が傾いています。

 

斜めにティを刺してもボールが落ちにくいんですね。

 

ティの軸を地面に対して斜めにすることで

 

クラブヘッドがティに当たったときの抵抗が減るそうです。

 

そして、驚く程ランが出ると書いてあります。

 

ん?もしかして、これは最初に書いたフェースが返りやすいってことと

 

関係があるのかな?

 

フェースが返るということは、ロフト角が立つのでバックスピンが減る。

 

バックスピンが減るとランが出る・・・

 

関係ありそうですね。

 

このティは、科学的に計算されて開発されたらしく

 

ティの前傾は18°だそうです。

 

こうやって、細かい数字で説明されると

 

妙に説得力を感じるのは僕だけでしょうか?

 

残念ながら、まだ普通のティとの違いは分かりませんが

 

使い比べてみようと思います。

 

ナナメッティー (2)

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. ゴルフシューズ

スタッフブログ

PAGE TOP