お知らせ

ゴルフお役立ち情報「ショートアプローチの方法」

お役立ち情報

今月からゴルフお役立ち情報を配信します。是非日々のゴルフにお役立てください。第二回目は「ショートアプローチの方法」についてです。

ショートアプローチの方法

ゴルフお役立ち情報

先生、10ヤード以内のアプローチの距離感が合わないんです。
スイングを小さくするのが苦手で、オーバーすることが多いんです。

お役立ち情報 ショートアプローチの方法

 
INGゴルフスクール 鈴木コーチ

なるほど、ではパッティングように打つスタイルを覚えてみましょう。

お役立ち情報 ショートアプローチの方法

 
ゴルフお役立ち情報

パッティングのようにですか?

 
INGゴルフスクール 鈴木コーチ

そうです。使用するクラブはアプローチウェッジやピッチングウェッジが適しています。ボールの位置は少し右に置きハンドファーストに構え、パッティングの時と同じようにスタンスを広げて下半身を安定させます。ストロークの仕方は、パッティングの時と同じように手首・下半身を使わずにストロークします。

お役立ち情報 ショートアプローチの方法

 
お役立ち情報

こうですか?
あっ、あまり距離が出ませんね。

 
INGゴルフスクール 鈴木コーチ

そうなんです。あまり距離が出ないので、スイング幅が大きくても 短い距離が打てるんです。ランニングアプローチと捉えるといいと思います。高い球を打たなければいけない所と芝の抵抗が強い所には適していませんが、20ヤードくらいまでだったら使いやすいと思いますよ。

 
 
前の記事を読む
次の記事を読む
PAGE TOP