スタッフブログ

キャロウェイ クロム ソフト インプレッション

鈴木です。

 

 

エースボールを探し中なので、このボールも気になるところです。

callaway chrome soft (1)

キャロウェイ クロム ソフトです。

 

 

このボールの特徴は、ウレタンカバーのスピン系のボールながらコンプレッションがとても柔らかいこと。

コンプレッションとは、簡単に言えばボール全体の硬さを数値化したもので、数字が大きいほど硬くなります。

そのコンプレッションは、なんと65

今までのスピン系ボールのコンプレッションは、90とか物によっては100くらいの物もあったんですが、65とはとても柔らかいです。

コンプレッションだけでみると、ディスタンス系ボールと同じくらいです。

たしか、旧作のブリヂストンファイズがコンプレッション70だったと思うので、それより柔らかいということですよ。

 

 

さて、肝心の打った感触ですが、たしかに柔らかい!

と同時に、もう一つ感じることは「ボールがフェースにくっついている時間が長い」という点です。

この感覚は、ドライバーからパターまで感じます。

くっついている時間が長いのでコントロールしやすい感じもしますが、僕にとっては少しだけ捕まりがよく感じます。

 

 

弾道は、ドライバーはそんなに低スピンの感じではなくボールはしっかり上がります。

飛距離に関しては、特別飛んでいるようには感じませんでしたが、飛ばないというわけでなく普通に飛んでいます。

ヘッドスピードが速めの方がコンプレッションが柔らかいボールを打つとドロップする傾向があるんですが、このボールはドロップするような球は出なかったのが不思議です。

アイアンではしっかりスピンがかかり、よく止まります。

アプローチに関しては、思ったより少しだけキャリーが出る感じです。

ショートアプローチになると、それがよく分かります。

でも、スピンはしっかりかかっているのでよく止まりますよ。

アプローチの弾道は、同じキャロウェイSR2.5よりは高めでした(SR2.5が結構低いんですけどね)。

パットでも打感は柔らかく、ボールが潰れるような感触が手に伝わってきますが、ディスタンス系のボールより潰れたボールが復元するスピードが遅く感じました。

ただ、スピン系のボールにしてはボールが勢いよく転がり始めます。

普段スピン系のボールを使用している方は、最初は距離感が合わない方もいるでしょうね・・・

 

 

最近ではヘッドスピードが遅めの方に向いているスピン系のボールが出ていますが、その中でも特に柔らかく感じます。

ただ、このボールはコンプレッションが柔らかくてもヘッドスピードが遅い方に向いているというわけではなさそうです。

なんせ、USツアーのミケルソン選手が使用しているらしいですから。

まぁ、市販品と同じ物かは定かではありませんが・・・

 

 

ディスタンス系のボールを使用しているが感触はあまり変えずにスピン系のボールを試してみたい方や、スピン系のボールを使用しているが柔らかさやボールがフェースにくっつく感触が好きな方には試していただきたいボールです。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. ホンマ ボール TW-G1シリーズ

スタッフブログ

  1. 2019.04.28

    古いクラブ
PAGE TOP