スタッフブログ

タイトリスト V1シリーズ 2013

鈴木です。

 

今年は、2月にニューボールが多数発売開始になります。

 

今までは、タイトリストPRO V1xがエースボールだったんですが

 

今年はどのボールが一番好みかなぁ・・・

 

まず初めは、タイトリスト PRO V1シリーズから感想を少々。

 

titleist v1 2013 (4)

 

毎年、プロ使用率が高いボール。

 

僕も長く使っていますが、一番楽しみにしているボールなんです。

 

さぁ、感想の方なんですが、いつもの通りコースに行かないもんで・・・

 

ショートアプローチとパットのみの感想になります(スミマセン)m(_ _)m

 

まずはPRO V1から。

 

titleist v1 2013 (6)

 

PRO V1の特徴と言えば、ソフトな打感とスピン量の多さ。

 

今回も、その特徴は引き継いでおります。

 

ショートアプローチ・パット共ソフトな打感です。

 

ちょっと、ここで打感のお話を・・・

 

打感の硬い・柔らかいと言うのは2種類あります。

 

一つは、カバーの硬さ。

 

もう一つは、コンプレッションというボール全体の硬さ。

 

通常、パットなどのヘッドスピードが遅いときはカバーの硬さが

 

感触として残りやすいです。

 

コンプレッションは、比較的ヘッドスピードが速いショットの時に

 

感じやすくなります。

 

ただ、僕はパットの時でもボール全体が潰れるような感触が好きなので

 

カバーだけでなく、コンプレッションも気になるんです。

 

さて、本題に戻ります。

 

今回のPRO V1は、相変わらずカバーはとても柔らかで

 

ソフトなボールを打てそうな感触です。

 

ただ、前作よりコンプレッションが硬いのか

 

パットでボールが潰れる感触が少ないんです。

 

ボールが潰れる前にボールが飛び出して、初速が速い気がします。

 

これは予想なんですが、ショットでの飛距離アップのために

 

ボールの初速を速くする構造がパットにも影響しているのかなと・・・

 

この予想は外れている可能性もありますが、ちょっと気になる部分です。

 

まぁ、最近のパターは打感がソフトな物が多いので

 

ボールは少し手応えがあった方が合うのかもしれませんね。

 

最近のパターが欲しい・・・

 

え~、続いてショートアプローチですが

 

弾道は高すぎず低すぎず、しかもスピンはガッツリ効いております。

 

ただ、ほんの少し(ダフリまでいかない程度)フェースの上の方に当たった時は

 

ボールが勢いよく飛び出し、キャリーもランも出てオーバーします。

 

この辺は、他のボールよりシビアな感じがします。

 

このボールは、ミート率が高くソフトな打感を求める方と

 

スピンコントロールをしたい方は試してみたいところですね。

 

そういえば、前作との見た目の区別ですが

 

PRO V1の横の矢印が黒からグレー(シルバー?)になったところです。

 

titleist v1 2013 (2)

 

PRO V1xは、また次回に・・・

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. ホンマ ボール TW-G1シリーズ

スタッフブログ

PAGE TOP