スタッフブログ

ブリヂストン TOUR B X ボール 2020年モデル プチインプレッション

鈴木です。

 

 

ブリヂストンのボールがリニューアルしたので、早速試してみました。

まずはスピン性能だけではなく、飛距離も追求したモデルのTOUR B Xです。

前モデルのTOUR B Xは使用していた(今のエースボールは違うボール)ので、違いをチェックしやすいです。

チェックと言っても、いつものようにショートゲームだけのプチインプレッションになりまが・・・

 

 

まずはショートアプローチから。

メーカーが言うアプローチでの低反発っていうのは分からなかったですが、打感がかなりソフトになりました。

ボールがフェースにくっ付いている時間が長くなり、ボールが滑って上がってしまう球が出づらくなっています。

低く飛び出し、スピン量も多くなっています。

ただし、ボールが潰れる感触は変わった気が・・・

ボールがフェースに当たった瞬間は柔らかいんですが、ボールが潰れる感触は少し少なくなったように感じます。

硬いというより、しっかりしている感じかな。

それにしても、アプローチに関してはリニューアルというより別物のボールに変わった印象です。

 

 

次にパッティングですが、こちらももちろん打感がソフトになっています。

ただし、ボールがフェースに当たった瞬間は柔らかく感じるんですが、やはりボールが離れていくまでの感じ方はちょっと違うかな。

元々ボールが潰れる感触があるボールだったんですが、これまたそれが少し少ない感じがします。

その分なのか、ボール初速が少し速い気がします。

もう少し潰れた方が好みですが、この辺は十分慣れることができる範囲。

 

 

 

前モデルはエースボールとして使用していたんですが、今は違うボールにしている理由がアプローチでちょっとボールが上がってしまうから。

去年、ローバウンスのウェッジに変えてから上がるようになってしまったので、今は違うボールを使っているんです。

しかし、このボールなら使えそう。

以前エースボールとして使用していたのを変えた理由が変更されているので、印象は良いです。

ショットも含めてもう少し試してみて、良ければエースボールに復活するかもしれません。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. ホンマ ボール TW-G1シリーズ

スタッフブログ

  1. 2020.09.24

    助かったかな
  2. 2020.09.13

    3W検討中

アーカイブ

PAGE TOP