スタッフブログ

本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 460 ドライバー インプレッション

鈴木です。

 

 

昨年後半は、いろいろなメーカーが新しいドライバーを出しましたね。

今回はその中の一つ。

本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 460 ドライバーです。

今回のTOUR WORLDシリーズは、4種類のドライバーがあります。

試打クラブがあったのは460455だけだったので、今回は460のインプレッションです。

460は、4種類の中では一番ヘッドが大きく易しいタイプ。

易しいといっても、4種類の中ではということです。

ヘッド体積は460cc

ディープフェースでシャローバックな造りです。

メーカーの方の説明だと、大型ヘッドだが重心深度を浅くして飛距離性能を重視した設計になっているそうです。

 

 

構えてみると、ディープフェースだけどシャローバック分なのか、後ろ側に大きくなっています。

試打クラブが10.5°だったので、フェース面はしっかり見えるので上がりやすく感じます。

フェース面はスクエアから若干のオープンかな。

 

 

打った感触ですが、「飛ぶなぁ!」という印象。

まず、ボール初速が速い!

弾き感が強く、球離れが速いです。

打ち出し角が高くバックスピンは少な目。

10.5°なのにボール初速の速さと低スピンには驚きです。

つかまり度合は、ドローヒッターの僕が気持ち良くドローがかかるくらい。

つかまり過ぎることはあまりない感じ。

シャフトが違えばつかまる度合いは変わりますが、そんなにつかまるヘッドではなさそう。

打感は、弾き感が強く感じることもあり柔らかいという感じではないかな。

音はちょっと独特で、「ポカン」というよな変わった音。

すみません、擬音が難しいです・・・

 

 

試打したシャフトは、本間ゴルフ純正のリニューアルされたVIZARDシリーズ。

先調子・中調子・手元調子の3種類あり、今回試打した460に入っていたシャフトは先調子である緑色のEX-A 55SR

手元部分から中間部分にかけてはしっかりしていて、インパクト付近で先端部分が動きつかまりとボールを上げることを助けてくれる感じです。
 

 

基本的に今回のTW737シリーズはアスリート向け。

つかまりは控えめで、吹け上がらない。

しっかり振れば振るほど飛距離が出そう。

僕なら10.5°にするな。

結構、お気に入りです。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. 角溝

スタッフブログ

  1. 2018.08.4

    今季最高
  2. 2018.07.31

    久しぶりに
PAGE TOP