スタッフブログ

ダンロップ スリクソン Z-STARシリーズ 2019 プチインプレッション

鈴木です。

 

 

今年はまだコースでラウンドしていないんです。

そんなわけで、またショートゲームだけのボールのプチインプレッションです。

ダンロップ スリクソン Z-STARシリーズ 2019です。

このボールもタイトリスト PRO V1シリーズと同じ時期にリニューアルしますね。

 

 

さて、まずはソフトな打感とスピン性能が売りのZ-STARから。

まずアプローチで感じたことは、たしかにスピンが良くかかること。

低く飛び出してキュッキュッと止まります。

ただ、前作に比べるとボールが前に飛び出す感じがあります。

ボール初速が速くて少しキャリーが出る感じ。

ちょっとだけ、打感はコンプレッションが硬くなった気がします。

パッティングに関しても、やはり前作よりコンプレッションが硬くなったように感じます。

その分、少しだけボール初速が速いかな(PRO V1よりは速くないかな)。

多少、球離れも早く感じます。

 

 

続いて飛距離性能も兼ね備えたZ-STAR XV

御存知、松山英樹選手の使用ボールですね。

アプローチで感じたことは、前作に比べて打感が柔らかくなったこと。

ボールがフェースにくっ付いている接地時間が長く感じます。

スピン性能も結構ありますよ。

Z-STARよりもボールが前に飛び出す感じが無く、こちらの方がファーストバウンドが前に行かない分ランが少ないかもしれませんね。

パッティングに関しては、やはり前作より打感が柔らかくなっています。

前作は結構硬く感じ、その割にはボール初速が遅く打感と距離感のギャップが大きかったんですが、今作は違います。

ボールが潰れる感じがして、ボール初速も遅くない。

僕が今エースボールとして使用しているブリヂストンTOUR B Xと比較するとボールが少し潰れにくいくらいの硬さ。

僕はカバーよりコンプレッションを気にしているので、潰れる感じは大切なんです。

でも、このボールのフィーリングは合う可能性あるな・・・

 

 

Z-STARはコンプレッションを硬くしたようで飛距離性能をアップさせることに重点をおいた感じ。

Z-STAR XVは打感を柔らかくしてスピン量をアップさせショートゲームの向上を狙った仕様。

2種類の性格が近づいたようにもとれますが、打感の違いは結構あります。

僕はZ-STAR XVに興味があるな・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.04.28

    古いクラブ
PAGE TOP