スタッフブログ

プロギア RSドライバー F インプレッション

鈴木です。

 

 

シャフトだけでなく、クラブも新製品が続々出ています。

その中で、今回はこれをチョイス。

prgr-rs-driver-1

プロギア RSドライバー Fです。

RS Fドライバーという読み方かと思ったら、違っていました。

このクラブの特徴は、何といっても反発性能の良さ!

ルールぎりぎりに作ってあるので、その名もギリギリドライバーなんだそうです。

Wクラウンというネーミングで、クラウンとフェースの間が2段になっています。

prgr-rs-driver-24 prgr-rs-driver-25

この構造によって、反発係数が一気に上がったそうです。

逆に上がり過ぎたらしく、フェース面を今までより厚めにしてルールぎりぎりに抑えたんだとか・・・

その他の機能として、ソールに付いているネジでウエイトを換えられ重心深度を変えることができることと、シャフトのカチャカチャ機能でロフト角を1度立てることができます。

 

 

さて、構えた感じですが、「左にはいかないから振ってください」って感じです。

prgr-rs-driver-9

RS FFはフェードのFらしく、フェードが打ちやすい設計になっています。

オープンフェース(メーカー発表では-3.5°)でフラットなライ角。

左を嫌う僕にとっては、とても構えやすいです。

ちなみに、Wクラウンの部分は構えても全然気になりません。

 

 

肝心の打った感じですが、「たしかに初速が速い」です。

甲高い金属音で音を聞いても弾きが良さそうですが、感触も弾きが良く感じます。

バックスピン量はそれほど少なくないのでボールはしっかり浮いてくれます。

捕まり度合は見た目通りで、しっかりフェースローテーションをさせる僕のスイングだと捕まりづらく、左を気にせず振っていけます。

 

 

純正シャフトは中間部分が撓る中調子で、撓りが戻ってくるスピードもそれほど速くないので癖がなく扱いやすいタイプ。

prgr-rs-driver-21

飛距離よりは安定感を期待できるシャフトで、シャフトでも左に行きづらくしているようです。

シャフトは余分な動きをしない・・・

ヘッド性能への自信の裏返しかもしれませんね。

 

 

このクラブは低スピンで飛距離を稼ぐタイプではなく、反発力で飛ばすタイプ。

ボールがドロップしやすい方には丁度いいですね。

そして左に行きづらい。

僕のとってはかなり魅力があるクラブです。

 

 

もう少し捕まりが良いクラブを探している方は、姉妹品?のRSドライバーが用意されています。

prgr-rs-driver-10

こちらも反発が良く、バックスピンが適度にかかりボールが浮きやすいですが、こちらの方が捕まり易くなっていますよ。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

 

関連記事一覧

  1. 角溝

スタッフブログ

  1. 2018.08.4

    今季最高
  2. 2018.07.31

    久しぶりに
PAGE TOP