スタッフブログ

キャロウェイゴルフ GBB EPIC Sub Zero ドライバー インプレッション

鈴木です。

 

 

以前、ゴルフショップの試打室で試打した時にかなり手強く感じて敬遠していたクラブですが、なんとなく気が向いたので借りてきて打ったクラブです。

キャロウェイゴルフ GBB EPIC Sub Zero ドライバー(ロフト角9°)です。

GBB EPIC STAR ドライバー(以後 STAR)の兄弟クラブですが、GBB EPIC Sub Zero ドライバー(以後 Sub Zero)の方が短く・重くハードヒッター向けのクラブのようです。

GBB EPICドライバーの最大の特徴であるJAILBREAKテクノロジーというフェースの裏側にクラウンとソールをつなぐ2本のバーはSub Zeroにもあり、そのバーがヘッドのたわみを最小限にすることで、エネルギーのロスを軽減させているそうです。

Sub ZeroにはSTARには無かったネックの弾道調整機能が付いています。

逆に、ペリメーター・ウェイトというというソールの後方にあるスライド式の重りは付いていなく、代わりに交換式のウエイトがソールの前方と後方に2か所あります。

2gと12gのウェイトが付いていて、このウェイトを入れ替えることで重心深度を変えられます。

 

 

構えた感じですが、座りの関係か、かなりのオープンフェースに見えます。

左には行かないぞっ、という顔つき。

STARよりハードヒッター向けになってるわりには、Sub Zeroの方が投影面積が大きく見えます。

左がSub Zeroです。

ちょっとお尻の方が大きくなってるかな。

ライ角はフラットに感じます。

その点も左に行かないように見えます。

 

 

さて、打った感触ですが、やはり「つかまりづらい」です。

フェースがターンする動きが全然感じ取れません。

そして、弾道がかなり低い。

入れ替え可能なウェイトは重心深度が浅くなる方のセッティングになりますが、打ち出し角も低ければバックスピン量も少ないです。

弾道調整機能をノーマルに設定すると、ドロップ球しか出ない・・・

まったく歯が立ちません。

弾道が低いせいか、ボール初速は速いです。

ただ、打った感触としては、STARを打った時の衝撃的な弾き感は感じなかったです。

打感はSTARとは結構違い、柔らかい。

打音もバシュっという静かな音。

打感が柔らかくて左に行かない安心感があるのは魅力ですが、これだけボールが上がらないとキツイなぁ・・・

では、試しに弾道調整機能でロフト角を+2°に設定にしてみてはどうかな?

打ってみたところ、やっと上がった・・・

ん?まだちょっと低めだけど、思いの外良い弾道・・・

しかも曲がらない・・・

あれ?かなり魅力的なクラブに変わっちゃいました(;^ω^)

打ち出し角が高くなりましたが、相変わらずバックスピン量は少ない。

ボール初速も結構速いので飛距離性能はバッチリなんですが、それだけではなく曲がらないんですよ。

フェースの向きが変わりづらく、しかもスピン量が少ないので弾道が安定しています。

このドライバー欲しい・・・

弾道調整機能がこれだけハマったのは、今までにないです。

調整機能が付いているクラブをお持ちの方は、いろいろ試してみるとベストなセッティングが見つかるかもしれませんよ。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

 

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.08.4

    今季最高
  2. 2018.07.31

    久しぶりに
PAGE TOP