スタッフブログ

キャロウェイゴルフ クロムソフト X 2022年モデル プチインプレッション

鈴木です。

 

 

発売してから結構経ちますが、ショートゲームだけのプチインプレッションです。

キャロウェイゴルフ クロムソフト X(2022年モデル)です。

キャロウェイ契約の多くのツアープロが使用するボールですね。

 

 

まずはアプローチから。

旧モデルより打感が柔らかくなっています。

このボールに限らず、新しくなるにつれて段々打感が柔らかくなってきますね。

旧モデルはフェースにボールがくっついている時間が短く感じたんですが、このボールはその時間が長く感じ弾道や距離感をコントロールしやすく感じます。

その分なのか、10ヤード以内のショートアプローチではボール初速が少し遅くなってキャリーが少しだけ出ないように感じます。

弾道は少し低くなったかな。

スピン量は増えていますね。

良い感触です(^-^)

 

 

続いてパッティングですが、これも好感触(^o^)

ボールが潰れる感触が手に伝わるようになったんです。

旧モデルは、打った瞬間「硬っ!」って思ったんですが、このボールはそんなことはありません。

球離れが遅くなったので、距離感がつかみ易くラインにも乗せやすい感覚です。

ボールが潰れる具合はブリヂストンゴルフTOUR B Xより少し少ないですが、TOUR B Xよりボール初速が遅いので距離感はつかみやすそう。

 

 

リニューアルした3種類のクロムソフトシリーズの中で、一番好みに近づいた印象。

今までのXは、ショートゲームでは硬くてボールが潰れきれない感じがしていたんですが、そんな印象がガラッと変わる進化です。

フルショットでの弾道や飛距離の印象が良ければエースボール候補になるかも・・・

関連記事一覧

  1. ホンマ ボール TW-G1シリーズ
PAGE TOP