スタッフブログ

ホンマ TW727Vnアイアン・VIZARD IB95 インプレッション

鈴木です。

 

 

珍しくアイアンのインプレッションです。

honma TW727 iron (12)

ホンマ TW727Vnアイアンです。

熱意系」というキャッチコピーでアスリート向けのクラブを出していますが、そのクラブを使用している契約プロが好調ですね。

今回は4種類のアイアンを出していますが、TW727Vnはハーフキャビティ―でストロングロフトになっていないノーマルロフトのタイプ。

マッスルバックでは難しいけど、ストロングロフトではないアイアンを使いたい方の要望を取り入れたアイアンです。

honma TW727 iron (16)

コンパクトなヘッドで、スッキリしています。

グースも少なく、凄く僕好みの顔つきです。

 

 

今回の試打アイアンは、珍しくカーボンシャフトを借りてきました。

honma vizard 2014 (3) honma vizard 2014 (2)

VIZARD IB95です。

男子プロも使用しているシャフトです。

ゴルフショップの試打コーナーで打った時にかなり良い感触だったので、練習場で打ってみたかったんですよ。

そんなシャフトも含めてのインプレッションです。

 

 

打った感触ですが、「これ欲しい・・・」というのが第一印象です。

カーボンシャフトということもありますが、打感は柔らかいです。

球離れも早くないので、弾道をコントロールし易い感じ。

弾道に関してはシャフトの影響も大きいので、ヘッドだけの感想にはなりませんが、基本的には飛距離の出るヘッドではなく、コントロール性に優れたヘッドですね。

アスリート向けのアイアンらしく、重心距離も短めでフェースの向きをコントロールし易いです。

キャビティー部分のえぐれは深くないので、ミスヒットにはそんなに強くありません。

 

 

で、肝心の弾道ですが、バックスピンがそれほど多くなく思ったより飛距離が出ていそうな感じ。

これはヘッド性能ではなくて、シャフト性能が大きく関わっているようです。

このシャフトは、トップからの切り返しで手元側が撓り、その撓りがインパクトにかけてあまり戻ってこないので、ロフト角が立った状態であたりやすいようです。

先端部分は結構しっかりしていますが、その理由が・・・

honma TW727 iron (31)

金属繊維を先端部分の外側の層に使用しているそうです。

縦に縞が入っているところですね。

この素材を先端部分に使用することによって部分的にシャフトを硬くすることができるので、今までのアスリート向けのカーボンシャフトより撓りを感じるが、当たり負けしないしっかりしたシャフトが出来上がるそうです。

撓りは感じるものの全体的にはしっかりしたシャフトなので、しっかり振らないと上がりづらいですが、振るほど真価を発揮するシャフトなので、まさしくアスリート向けのシャフトですね。

 

 

ヘッドはオーソドックスでコントロール性が高く、シャフトは手元の撓りを感じるが先端部分は余分な動きをしないので、自分の意思通りの球が出やすいです。

やっぱり欲しいです・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.08.4

    今季最高
  2. 2018.07.31

    久しぶりに
PAGE TOP