スタッフブログ

タイトリスト PRO V1 シリーズ 2015 インプレッション

鈴木です。

 

 

2年に一度モデルチェンジをするボールです。

titlist pro v1 2015 (2)

タイトリスト PRO V1PRO V1xです。

サンプルボールをいただいたので、ちょっと試してみました。

 

 

日本ツアーではスリクソンの使用率が高いようですが、アメリカツアーではダントツで使用率ナンバーワン。

特にV1xの使用率が高いようです。

V1はソフトな打感と高いスピン性能、V1xはスピン性能と飛距離性能をバランスよく仕上げたボールです。

 

 

今回のボールの進化した点は、カバー!

前作より柔らかく、反発力があるウレタンカバーにしたそうです。

それと、少し耐久性がアップしたんだそうです。

以上が進化した点です。

え?それだけ?

と思いますよねぇ。

なんと、今回の進化した箇所はカバーだけらしいんです!

コアの部分は前作と同じらしいです。

それだけ、前作も完成されたボールという風に考えた方がいいかな?

 

 

さて、打った感触ですが、まずはPRO V1から。

titlist pro v1 2015 (6)

やはり、ソフトな打感と高いスピン性能は素晴らしいです。

ソフトな打感はドライバーからパターまで、全てで感じ取れます。

しかし、ソフトながら少し芯を感じることができ、ショートゲームでの距離感も出しやすいんです。

弾道は、ドライバー・アイアンショット・アプローチと全てで低めの弾道です。

全ボールの中で、かなり低い部類になると思うので、違うボールから替えた方は戸惑う方もいるかもしれないですね。

スピン性能は、アイアンショット・アプローチは抜群です。

しかも、フェースに乗っている時間も長めなので距離感とスピン量をコントロールしやすいんです。

ドライバーに関しては、そんなにスピンがかかりすぎるように感じません。

そんなわけで、V1xには敵わないかもしれませんが、飛距離性能だって侮れないですよ。

パッティングは、どの距離を打ってもボールが潰れるような感触が手に伝わってきて距離感がつかみやすいです。

ただ、他のメーカーより少しだけ勢いよくボールが飛び出すかな。

初速が速い感じがします。

でも、球離れが早いわけではないので、すぐに慣れることができました。

で、前作との差なんですが、残念ながら僕にはあまり分かりませんでした・・・

ソフトなカバーになったとはいえ、元々がソフトですからねぇ。

やはり、完成されたボールです。

 

 

続いてPRO V1x

titlist pro v1 2015 (8)

こちらはV1より飛距離性能を重視しているだけあって、打感は少し硬めです。

といっても、V1と比較すると硬めというだけで、そんなに硬くはないんです。

ドライバーやアイアンショットでは前作とそんなに差はありませんでしたが、ショートゲームは柔らかくなったように思います。

特にパッティングに関しては、柔らかくなったのがすぐに分かります。

弾道は、ドライバー・アイアンショット・アプローチと全てでV1より少し高弾道になります。

スピン性能はV1に負けず劣らずしっかりかかります。

パッティングに関しては、V1より少し球離れが早く感じるかな。

特に2m以内のショートパットで感じます。

 

 

V1xは、打感にしてもスピン性能にしても、段々V1との差が無くなってきています。

僕はパッティングの打感を特に大切にしているのでV1も捨てがたいですが、飛距離や弾道はV1xに魅力を感じます。

今でもV1xの方がプロもアマも使用率が高いですが、そのうちほとんどの方がV1xになってしまうんじゃないかと思うくらいV1xの性能は素晴らしいです。

でも、僕はV1を選ぶかもしれないですけどね・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.02.4

    2019 立春
PAGE TOP