スタッフブログ

トレード

鈴木です。

 

 

アイアンのリシャフトを考えてどのくらい経ったかな?

アイアンのリシャフトは意外とお金がかかるので、どうせなら今のアイアンを売ってシャフトだけでなくヘッドも換えちゃおうかと考えていたんです。

でも、なかなか「これだっ!」というヘッドとシャフトが見つからず現在に至っています。

ヘッドもシャフトもいろいろ試打しているんですけどねぇ・・・

そんな中、先日ダイナミックゴールドツアーイシューを打たせてもらう機会があったんです。

元々、ダイナミックゴールドはあまり好きではなかったのであまり期待もせずに打ってみたんですが、ダイナミックゴールドのイメージが結構変わったんですよ。

話には聞いていましたが、同じダイナミックゴールドでもツアーイシューは別物という感じが解りました。

まず、インパクト後の変な振動がないこと。

ダイナミックゴールドは、インパクト後にビヨヨヨ~ンっていうような感触がある印象なんですが、ツアーイシューはそれが感じられません。

そして、シャフト全体に張りみたいなものを感じます。

切り返しからインパクトまでダル~ンという感触が通常あるんですが、少しシャキッとしてる感じ。

ダイナミックゴールドは製品精度が良くないと聞くので、今まで打ってきたダイナミックゴールドは外れで本当のダイナミックゴールドの撓りはこんな感じなのか、はたまたツアーイシューが別物なのかは分かりませんが、これならダイナミックゴールドも使えるな。

そんなわけで、入手しました。

true temper dg ti (1)

実は、僕が使用していたアイアン(スリクソンZ725)と同じヘッドでツアーイシューを入れている方がいて、その方とアイアンをそっくりトレードしたんです。

true temper dg ti (4) true temper dg ti (3)

しかもデザインチューニング。

true temper dg ti (2)

そんなわけで、リシャフト完了って感じになっちゃいました。。

ドライバーのシャフトをグラファイトデザインDIにしたので、今までのアイアンのシャフト(KBSツアー)より手元側が柔らかい方が同じように振れて合うように感じるんです。

ということもあり、このシャフトは良いかもしれません。

しかもシャフトの重量が揃っているので、鉛調整が少なくて済むので楽です。

6アイアンと8アイアンにちょっとだけ貼っただけ。

しばらくこれでいけそうな気がします。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.10.21

    雪化粧
PAGE TOP