スタッフブログ

結局

鈴木です。

 

 

いろいろ悩んだんですが、結局手に入れちゃいました。

アキラプロダクツ PROTOTYPE H-8シリーズです。

シリーズということは・・・

そう、52°も一緒に入手したので2本です。

H-852H-858です。

8シリーズの52°58°ですね。

8シリーズは、この2種類しかないですが・・・

 

 

今回は、シャフトもアイアンに合わせてみました。

トゥルーテンパーダイナミックゴールド ツアーイシューです。

セットでのシャフトの購入ではなかったのでツアーイシューにしなくても良かったかもしれませんが、重さだけでなく、もしフィーリングの違いが大きかった時は困るし、ツアーイシューにせずに違和感があると後悔しそうだったので、これにしてみました。

そして、バランスもアイアンに合わせてみました。

今のアイアンのバランスがD4もあるので、この2本もD4

ヘッドにウエイトを入れないで、長さを長くすることでバランスをだしてみました。

もし重すぎたらシャフトを切ればいいだけなので、保険をかけた仕様です。

そんなわけで、PW52°が同じ長さになりました。

しかし、なぜか同じ重さにはなっていない・・・

同じグリップを入れてるのに・・・

52°の方が5gも重いんです。

シャフトの重さの個体差なのか、ヘッドが重くてシャフトのバランスポイントが違うのか、はたまたネックセルの重さや接着剤の量が違うのか・・・

他にも原因かもしれないものはあるかもしれませんが、何故でしょう?

いずれにせよ、しばらく打ってみてからになりますが、ちょっとシャフトを切るようかもしれませんね。

因みに、52°58°は4分の1インチ長さが違いますが、同じ重さです。

ヘッド単体では2gの差があったのに同じ重さになっているとなると、やはりシャフトの個体差の可能性が高いのかな?

 

 

打ってみたところ、やはり2本ともちょっと重い感じがします。

あと、ちょっとライ角がフラットかな。

ちょっとダフリやすく、ソールのトゥ側が地面に多くあたります。

トゥ側があたるのは、ライ角だけではなくバランスが重いのも影響するのかな。

調整せずに使えるかは、もう少し打ってみてからの判断です。

実践投入できるまでには、ちょっと時間がかかりそう。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.08.4

    今季最高
  2. 2018.07.31

    久しぶりに
PAGE TOP