スタッフブログ

再び、懐かしい物

鈴木です。

 

 

先日、練習場の練習ボールの中に懐かしいボールが紛れ込んでしました。

ダンロップから出していたロイヤルマックスフライです。

タイトルに書いた「再び」なんですが、調べてみたところ4年くらい前にも同じ物が出てきていたみたい。

僕がゴルフを始めた25年前は、一世を風靡したボールですよ。

国内男子ツアーでは、使用率ナンバーワンだったんじゃないかな?

いわゆる糸巻きバラタと呼ばれるもので、バラタという柔らかい素材(だったと思います)のカバーの下に、細い糸をグルグルとボールのコアに巻き付けて作ったボールです。

ドライバーからパッティングまで、物凄く柔らかい打感が魅力。

これが出始めた頃は、ドライバーはパーシモンじゃなかったのかな?

僕はパーシモンでゴルフをしたことはありませんが、パーシモンで硬い素材のボールを打っていると、ヘッドが傷むと聞いたことがあります。

そういうこともあり、この類のボールは重宝したんでしょうかね。

 

 

今ではコンプレッションなんて言葉は使わなくなりましたが、当時は同じ種類のボールでボール全体の硬さが違うものがあったんです。

その硬さをコンプレッションといいますが、ボールの数字などの色を変えて区別していたんです。

黒がコンプレッションが100で一番硬く、次に赤が90、柔らかいのが緑で80だった気がします。

ロイヤルマックスフライは100と90があったはず。

主にヘッドスピードで使い分けるんですが、人によっては暖かい季節は硬めの100で、寒い季節は柔らかめの90と使い分ける方もいました。

僕は90は使ったことがないので、差が分からないんですよねぇ・・・

研修生時代はお金が無かったから、試しに両方買ってみるなんてことはできなかったですからねぇ。

パッティングだけでも打ち比べてみたかったな・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. ホンマ ボール TW-G1シリーズ

スタッフブログ

  1. 2018.10.6

    早めの交換
PAGE TOP