スタッフブログ

キャロウェイゴルフ クロムソフト 2018 インプレッション

鈴木です。

 

 

相変わらずコースに行く機会があまりないので、インプレッションがずいぶん遅くなってしまったボールです。

キャロウェイゴルフ クロムソフト 2018です。

このボールは結構早いサイクルでリニューアルしています。

今作で3代目。

今作はグラフェンという新素材をコアに注入したこと。

これにより、打感がソフトながらボール初速のアップを可能にしたそうです。

 

 

さて、打った感触ですが、打感は少し硬くなったかな?

僕の感触だと、前のモデルよりカバーの下のコアの部分にしっかりした膜みたいなものがあるように感じます。

そのしっかりした膜が反発力を上げているような感じです。

感触としては前モデルより飛んでいそうな感触ですね。

それがグラフェンの効果なんでしょうね。

 

 

弾道としては、中弾道で曲がりづらいです。

ドライバーでは結構低スピン弾道なので、飛距離も出て曲がりづらくもなります。

アイアンショットからは、しっかりスピンがかかるので止まります。

アプローチでは前のモデルより前に飛ぶ感じが少なくなり、キャリーが出過ぎる危険が減ったかな。

ボールが前に飛ばなくなったことで、ファーストバウンドが前に跳ねなくなり落ちた地点からボールが止まるまでの距離が短くなったことで、以前より止まるようになった感じです。

パッティングに関しては、ボールの初速が遅くなったように感じます。

打感は少ししっかりしましたが、パッティングで芯を感じるほどではないです。

 

 

前のモデルよりはしっかりしていますが、基本的にはかなり柔らかいボールです。

打感がソフトながら初速がアップして飛距離アップ。

たしかに、メーカーの謳い文句のような気がします。

アプローチでのスピン量自体は前のモデルとさほど変わりなく感じますが、ボールが前に飛ばなくなった分ランは少なく普通のスピン系のボールの弾道に近くなっています。

しかもドライバーでは曲がりづらい。

良いボールですね。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.08.4

    今季最高
  2. 2018.07.31

    久しぶりに
PAGE TOP