スタッフブログ

掘り出し物発見‼

鈴木です。

 

 

ちょっと懐かしいクラブだけど、とある理由で入手してみました。

テーラーメイド R1ドライバーです。

なぜこのクラブを入手したかというと、スリーブ付きのシャフトが欲しかったから。

今のエースドライバーはテーラーメイド M1なので、R1のスリーブと互換性はあります。

全く同じスリーブではないですが、問題なく装着できるのでこれに決めました。

とりあえず試しなので、安い中古品を狙ったのでこのヘッドになったわけですよ。

 

 

なぜシャフトが欲しかったかというと、うすうす感じてはいたんですが、今使用しているウッド系のシャフトは自分にとってオーバースペックなんだと思うんです。

そんなわけで、柔らかいシャフトを試すべく探してみたんです。

で、このヘッドに挿さっていたのがこのシャフト。

グラファイトデザイン Tour AD BB-6 Sです。

本当は違うシャフトを探していたんですが、これにした理由が一つあるんです。

その理由が長さ。

僕は長尺(46.75インチ)を使っているんですが、このシャフトも長かったんです。

このヘッドに挿さっているノーマルのシャフトの長さは、60度法で測ると45インチくらい。

で、このシャフトは46.25インチあったんです。

これは、物凄く珍しい物なんですよ。

いわゆる、超レアも物です。

前の持ち主は、このまま使っていたんですかね?

だって、売っているときのスペック表を見たらバランスがD8くらいありましたから・・・

R1のヘッドのウェイトを外しても3ポイントくらいしか落ちなかったので、結構重い。

でも、僕にとっては、かなりの掘り出し物なんですよ。

でも、ちょっと不安もあるんです。

この長さのシャフトは、元の長さのシャフトに継ぎ足している可能性もあるんです。

こればっかりはグリップを取ってみないと分からないので、ダメな可能性もある覚悟で購入してみました。

 

 

ちょっと長くなったので、シャフトのインプレッションはまたの機会に・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

 

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.10.6

    早めの交換
PAGE TOP