スタッフブログ

タイトリスト PRO V1 V1x 2019 プチインプレッション

鈴木です。

 

 

タイトリストスリクソンのボールが2年毎にリニューアルしていますが、今年はその年です。

そんなわけで、まずはこのボール。

タイトリスト PRO V1PRO V1xです。

サンプルを頂いたので、プチインプレッションです。

コースには行く機会がないので、ショートゲームだけのインプレッション。

そんなわけで、プチなんです。

 

 

まずはPRO V1から。

前作との比較になりますが、一段と打感が柔らかくなっています。

ショートアプローチはボールがフェースにくっ付いている接地時間が長く感じられ、距離感が出しやすい。

弾道はそんなに変わらず、低く飛び出してキュキュッと止まります。

スピン量はさすがという感じ。

パッティングも前作より接地時間が少し長く感じられ、ボールが潰れるような感触が多くなった感じ。

変わらないところは、パッティングでのボール初速が他のボールに比べて速く感じます。

そのせいなのか、ボールの飛び出しの芝目に影響されにくいような・・・

特に高麗芝だとそう感じます。

高麗芝は出だしでボールが跳ねることがあるんですが、あまり跳ねないんです。

 

 

次にPRO V1xです。

これも前作との比較になりますが、やはり打感が柔らかくなっています。

ショートアプローチでは、少し柔らかくなったかな?という感じ。

弾道は、V1より少し上がりやんわりした球が出ます。

前作とそんなに弾道は変わらないかな。

スピン量は、V1に負けず劣らずしっかりかかります。

V1と比べると、V1xの方が弾道が高い分ファーストバウンドが前ではなく上に跳ねる感じなので、キャリーで落ちた地点からボールが止まる地点までの距離(いわいるラン)は短い(少ない)かもしれませんね。

パッティングに関しては、結構柔らかくなったことが感じ取れます。

まず、音が違う。

乾いた音から少しこもった音になり、柔らかく聞こえるんですよ。

打感はV1に近づいてきてはいますが、まだ差はあります。

ボールとフェースの接地時間はV1xの方が短く感じて、球離れが早く感じます。

でも、ボール初速はV1xの方が少し遅いかな。

 

 

基本的には両方とも前作より柔らかくなっています。

ショートゲームでの僕の好みはV1かな。

以前はV1を使っていたんですが、前作はパッティングでの球離れが早かったのでエースボールにならなかったですが、今回はちょっと期待しています。

あとはフルショットでの弾道次第ですね。

いつ試せるか・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.02.4

    2019 立春
PAGE TOP