スタッフブログ

ピン G410 Plus ドライバー インプレッション

鈴木です。

 

 

今年も契約選手が活躍しているメーカーのドライバーです。

ピン G410 Plus ドライバーです。

前作より体積が10ccアップして455ccになりました。

そして、可変式弾道調整ウェイトが付きました。

ドロー・スタンダード・フェードの3つのポジションになります。

ロフト・ライ角調整機能も少し変わり、ロフト角は1度と1.5度、ライ角はスタンダードとフラットに変えられます。

スリーブが前作と少し違って、互換性がないのが残念なところ。

 

 

構えた感じですが、オープンフェースで左に行きづらそう。

クラブのすわりに任せてヘッドを置くと、もっとオープンになります。

試打したクラブはロフト角が10.5°の物だったので、フェース面がしっかり見えてボールが上がりやすそうな安心感があります。

 

 

さて、打った感触ですが、「曲がらない!」というのが第一印象。

適当に打っても曲がりづらいんです。

スイング中のフェースの向きが物凄く安定していて、フェースの向きが機敏には変わらない感じですね。

基本的な性能としては、つかまりが良いクラブではないです。

ドローヒッターの僕が左を気にせず安心して打てるくらい。

しかし、今回搭載された可変式弾道調整ウェイトをドローポジションにセットすると、少しつかまりやすくなります。

もちろんフェードポジションにセットするとつかまりづらくなるので、ウェイトの効果はしっかりあるようです。

10.5°だと打ち出し角が高くバックスピン量もそこそこあるので、低スピン弾道が打ちやすいクラブではないです。

僕だったら9°を選ぶかな。

弾き感は前作よりアップしている感じですが、凄く飛んでいるかというと、そうでもない感じ。

10.5°なので仕方ないところかもしれませんが、ボール初速がそれほど上がりませんでした。

 

 

他のメーカーと比べると、飛ぶクラブではないが曲がらないという印象。

フェースローテーションが多めの僕にとっては重心距離が長いクラブ好きな方ではないんですが、このクラブの安定感は物凄く魅力があります。

曲がらないという安心感があればしっかり振っていけるので、振った分だけ距離も稼ぐことができるかな。

来月にはロースピンタイプのLSTバージョンも出るので、是非そちらも試してみたいところです。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.10.2

    真夏日?
PAGE TOP