スタッフブログ

ピン G410 LST ドライバー インプレッション

鈴木です。

 

 

腰や背中が痛かったんですが、少し良くなってきたのでフルショットの練習再開です。

そんなわけで、ドライバーを借りてきて打ってみました。

ピン G410 LST ドライバーです。

同じピンG410 Plusドライバーより、少し遅れての登場です。

Plusよりスピン量を減らし、飛距離性能を重視したクラブになります。

体積はPlusより5cc小さい450㏄。

見た目では、差は分かりづらいです。

機能の方はPlusと同じで、可変式弾道調整ウェイトがあり、ロフト・ライ角調整機能ができるスリーブになります。

 

 

 

構えた感じは、オープンフェースで左には行かなそうな顔つき。

Plusもオープンフェースでしたが、それよりも少しオープンに見えます。

ロフト角は9°と10.5°がありますが、9°の方がよりオープンに見えます。

 

 

さて、打った感触ですが「Plusより低スピンで飛んでいそう」という印象。

メーカーのコンセプト通りの弾道が打てます。

もちろん、曲がりづらさはLSTもバツグン。

ミスヒットしても、曲がり幅が小さいのは物凄い魅力ですね。

曲がりづらいといっても、Plusよりつかまりを抑えてあるのでスライスが持ち球の方はちょっと苦労するかも・・・

逆に左に行かせたくない方は安心して振っていけるので、精神的な部分を含めて飛距離アップが望めそう。

弾道の高さは、バックスピン量が少ないぶんLSTの方が低くなります。

打感はLSTの方が少し硬く感じるかな。

Plusと比べると、球離れが早く感じます。

 

 

飛距離と曲がらなさを兼ね備えた、とっても良いクラブ。

反発力が驚くほど高いわけではないですが、バックスピン量を抑えた飛ばせる弾道が打ちやすい。

打ち出し角をしっかり上げられ、つかまえることができる方にとっては、魅力満載のクラブじゃないかな。

ちょっと・・・いや、結構欲しくなってます。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.10.2

    真夏日?
PAGE TOP