スタッフブログ

飛び系 FW

鈴木です。

 

 

ここ数年、飛距離が落ちたなぁ・・・と感じています。

ここはクラブに助けてもらおうということで、飛び系3Wを買ってみました。

X HOT PRO (15)
キャロウェイ X HOT PROです。

1年前に出た、いわゆる300ヤードスプーンです。

リニューアルしたX2 HOT PROも出たんですが、男子ツアープロはX2 HOTにしていないプロも多いので、初代の方が良い何かがあるのかもしれないと思いこちらを購入。

まぁ、中古を安く見つけたってことも大きな理由なんですがね・・・

 

 

装着シャフトは、ドライバーと同じシリーズのDiamana Bシリーズ。

X HOT PRO (5)

ドライバーよりワンランク重い70Xが挿さった物を見つけたので、珍しく即買いしました。

元来、優柔不断なので即買いや衝動買いは珍しいんですよ。

 

 

構えた感じは、すっきり小顔でスクエアから若干のオープンフェースで、僕にとっては左が怖くなく構え易いです。

X HOT PRO (6)
そして、気に入ってるところがシャローフェースに見えるところ。

X HOT PRO (2)

フェアウェイウッドは、上がり易く見えたほうがプレッシャーがなく素直に振れるんです。

 

 

打ってみたところ、弾道は高くはないです。

軽く振ると全然上がらず、そこそこヘッドスピードが必要ですね。

でも、しっかり振ると上がってくれて気持ち良く飛んでいってくれます。

肝心の飛距離は、しっかり飛んでいそうです。

まず、ボール初速が速い!

簡易的な測定器で測ったところ、今までの3Wよりボール初速が2m/sほど速くなります。

そして、弾道を見た感じではバックスピンが少なめ。

弾道がそこそこ上がって、バックスピンが少なめ、ボール初速が速いとくれば、そりゃ飛びますよね。

このクラブは長く使えるかも(^ω^)

欲を言えば、シャフトの手元側が少~しだけ柔らかく感じるので、半インチくらい先詰めできてたらなぁ・・・って思います。

安く中古で買ったので、贅沢言えませんがね。

 

 

そして、ついでに5Wも一緒に買っちゃったんです。

X HOT PRO (8)

このクラブは3Wよりも安かったので、衝動買いに近いですね。

このクラブを購入した一番の目的は、シャフトなんです。

X HOT PRO (11)

これもDiamana Bシリーズ。

ウッド系でカーボンシャフトをDiamana Bで揃えてみたかったんです。

5Wには、3Wよりもうワンランク重い80Xが挿さっていました。

少しシャフトが短め(41.75インチ)だったので、重さは気になりませんでしたが、硬さはちょっと硬いかな。

80Xに加えて、1インチくらい先詰めしてあるんです。

通常、5Wになると先詰めはするんですが、ワンランク重くして先詰めすると結構硬く感じるんですね。

まぁ、打てないほどではないんで、しばらく使ってみます。

 

 

打ってみたところ、3W同様にボール初速が速く、飛距離がでそうです。

ただ、ちょっとした問題点があるんですよ。

重心深度が浅いヘッドに先詰めした硬いシャフトが挿さっているせいか、ちょっとボールが浮きにくい感じがします。

打ち出し角度はそれなりに上がるんですが、バックスピンが少ない感じ。

飛距離は出るんですが、ちょっと止まりにくいように感じます。

今のエースボールがブリヂストンXー01ということも影響しているのかな。

Xー01は、ロフト角が立っているクラブは低スピンになりやすくボールが浮きにくい傾向があるので、上がりにくい要素が重なってしまったところも問題かもしれません。

新しいボールも出てきているので、ちょっと試してみようかな・・・

 

 

それにしても300ヤードスプーンは伊達じゃないですね。

もちろんドライバーでも300ヤード飛ばないのでスプーンで300ヤード飛ぶわけないんですが、飛距離性能は大したもんです。

フェアウェイウッドを打つのが楽しくなりそうな気がしますヽ(´▽`)/

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.08.3

    体温以上
PAGE TOP