スタッフブログ

ブリヂストン TOURSTAGE Xー01シリーズ

最近のボールの進化は、目を見張るものがあります。

 

飛んで止まるボール・・・

 

昔は、そんなボールは無いって思っていたんですが

 

最近はあるんですねぇ、これが。

 

X-01 2012 (6)

 

X-01 2012 (5)

 

今回は、ブリヂストンのTOURSTAGE Xー01Xー01zです。

 

Xー01の数字の色が黒で、Xー01zの数字の色が赤です。

 

昔は、コンプレッション(ボールの硬さ)が硬いものが黒で

 

軟らかい物は赤なんて区別になっていましたが

 

最近は、色によってのコンプレッションの区別はありません。

 

他メーカーでは、黒は柔らかくスピンがかかるタイプで

 

赤は少し硬めで飛距離が出るタイプ、なんてところもあります。

 

今回のXー01シリーズ

 

黒い色のXー01がドライバーは低スピンで飛距離を出せるタイプで

 

赤い色のXー01zがグリーン周りでのスピンに重点をおいたタイプのようです。

 

メーカーによって黒と赤の使い方が違うのでちゃんと覚えていないと間違えそう。

 

さて肝心の感想ですが、Xー01は謳い文句通り低スピンで飛びそう。

 

ドライバーは、前作のTOURSTAGE XーjDのような低スピンで飛んできます。

 

しかし、アプローチはXーjDより柔らかくボールがフェースにくっついている時間が長く

 

打ち出し角が低くてスピンが効いています。

 

XーjDは、アプローチは高さで止める感じだったのでかなり感触は違います。

 

Xー01zの方は、やはり謳い文句通りグリーン周りでのスピンが結構効きます。

 

ドラーバーは、低スピンというよりは初速が速くなる感じです。

 

打感に関しては、Xー01の方がXー01zより軟らかいです。

 

これは、カバーじゃなくてコアの硬さでしょうね。

 

コアは軟らかい方がドライバーで低スピンになるそうです。

 

で、コアが硬いとボールの初速が上がるそうです。

 

ただ、パターに関してはどちらのボールも少し硬い感じがします。

 

あんまり、ボールが潰れる感じがしないんです。

 

まぁ、この辺りは好みの問題でしょうが・・・

 

総括として、冒頭にも触れたように、両方共飛んで止まるボールなんですよ。

 

特に、Xー01の弾道は「飛んでるぞぉ」って感じで僕は好きです。

 

来年頭には、違うメーカーのボールもリニューアルするはずなので楽しみです。

 

また、エースボールを探す日々が始まりそう・・・

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

PAGE TOP