スタッフブログ

ダンロップ スリクソン Zシリーズアイアン PART 2

スリクソン Zシリーズアイアンの続きです。

 

今回はZ725から。

 

srixon z725iron (3)

 

ハーフキャビティで、芯の部分は肉厚になっています。

 

これなら、打感も損なわれないですね。

 

srixon z725iron (2)

 

構えた感じは、Z925より少しだけグースがありますが

 

スッキリしていて、とても構えやすいです。

 

ヘッドは小さめの方なので、難しく感じる方もいるんじゃないかと思いますが

 

球が上がりやすく、そんなに難しく感じません(簡単というわけではないですが)。

 

ロフト角が同じ(5アイアンで25°)ブリヂストンのXーBLADE707より

 

バックスピンが少し多くて、上がりやすいように感じます。

 

Zシリーズを使用しているツアープロは、Z725が一番多いんじゃないですかね。

 

構えやすさや打感、球の上がりやすさなど

 

とてもバランスのとれたクラブだからなのでしょうかね。

 

続いては、Z525です。

 

srixon z525iron (1)

 

ポケットキャビティなので、他の2種類よりはゴツイ感じはしますが

 

そんなにゴテゴテしていません。

 

ですが、しっかりポケットキャビティになっています。

 

srixon z525iron (5)

 

構えた感じは、ポケットキャビティのアイアンにしてはとてもスッキリ。

 

大きさも、大きく感じません。

 

srixon z525iron (3)

 

他の2種類より、トップブレードが少し厚めですが

 

ボテッと見えず、むしろミスヒットに強そうに見えて安心感があります。

 

打った感じですが、ちょっと硬めで弾く感じがあります。

 

他の2種類と違って、ヘッド本体は軟鉄ですが

 

フェースには硬い素材が使われているからですね。

 

ロフト角は立っていて(5アイアンで24°)、フェースの弾きが良いので

 

結構、飛距離が出ます。

 

ポケットキャビティなので重心が低く、ロフト角の割には珠は上がりやすいです。

 

Z725よりはバックスピンは少なめで、球の高さで止めるタイプになるでしょう。

 

軟鉄の打感には拘らず、ミスヒットに少し寛容なクラブが欲しいけど

 

まだゼクシオ辺りにはしたくない、なんて方には丁度良いんじゃないでしょうか。

 

今回は3種類共、それぞれ良い点があってとっても魅力的なクラブ。

 

僕にとっては、Z925は振りやすさ、Z725はバランスの良さ

 

Z525はミスヒットの寛容さとカラーリング(サテン)

 

というところが魅力を感じるポイントですかね。

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. 角溝
  2. タイトリストのボーケイウェッジ

スタッフブログ

PAGE TOP