スタッフブログ

ダンロップ SRIXON Zシリーズ ドライバー

鈴木です。

 

 

この間のBRIDGESTONE GOLFに引き続き、ゴルフショップで試打したクラブのご紹介です。

srixon Z driver (30)

ダンロップ SRIXON Zシリーズ ドライバーです。

今回も、前作と同じく3種類のヘッドが用意されています。

srixon Z driver (20)

Z545-460㏄で、直進性に優れたタイプ。

srixon Z driver (10)

Z745-430㏄で、弾道をコントロールし易くバランスの取れたタイプ。

srixon Z driver (30)

Z945-400㏄で、思い切って叩いても吹け上がらず飛ばせるタイプ。

並べてみると、こんな感じです。

srixon Z driver (28)

左側からZ945Z745Z545です。

 

 

今回の特徴は、カップフェースにすることで反発性能を向上させたらしいです。

カップフェースとは、フェース面の素材をカップ状にしてボディーの素材と接合している造りだそうです(詳しく聞きたい方は鈴木まで)。

その他の機能としては、弾道調整をできるカチャカチャ機能と、重量調節ができるウエイトが付いています。

ウエイトに関しては、Z545だけ2か所あり重心の高さの調整より重心深度を調整できるようにしていて、易しくセッティングできるようにしているようです。

 

 

さて、構えた感じですが、3種類ともオープンフェースで左を気にせず振っていきそうな雰囲気です。

srixon Z driver (5)

画像は、Z745です。

少しフェース面に丸み(バルジ)が強めについているので、その辺は好みが分かれるかもしれません。

その丸みのせいか、フェースがかぶって見えないので持ち球がチーピン?の僕としては構えやすいです。

もう一つ気付いた点が、ロフト角が立って見えること。

ロフト角9.5°の物だったんですが、ちゃんと9.5°あたりなんじゃないかと思えるくらいです。

 

 

さあ、打った感じです。

第一印象は「打感が柔らかいっ!」ということ。

柔らかいわりに、ボールの初速が速くて距離が出るんです。

この辺は、カップフェースの効果でしょうかね。

そして、見た目の印象通り、つかまりづらく上がりづらいです。

アスリート向けのクラブって感じですね。

上がり方に関しては、バックスピンが少ないというよりは、打ち出し角が低い感じです。

やはり、ロフト角が立っているのでしょう。

特にZ945は結構しんどかったです。

僕のパワーでは、ロフト角9.5°だと右の方へドロップ気味の球が飛んでいきます。

そういえば、前作のZ925もそんな感じだったかな。

その他の2種類は謳い文句通りで、Z745は弾道をコントロールし易くZ545は直進性に優れたタイプのクラブです。

 

 

飛距離に関しても弾道のコントロール(特にZ745)に関しても、前作より良い気がします。

前作のZ725は、ミスしたときに飛距離が落ちるのはもちろん、フェースの向きがクルッと変わってしまいコントロールしづらかった印象があります。

今回はそのあたりの易しさも向上しているように感じます。

 

 

Z945を使う人はプロゴルファーでも少ないと思いますが、Z745Z545は人気が出るかも。

ダンロップ契約プロが早くこのモデルにスイッチするかが鍵ですね(特にアメリカツアーで頑張っている松山選手ですね)。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.08.3

    体温以上
PAGE TOP