スタッフブログ

納得

鈴木です。

 

 

先日、高反発のドライバーを打つ機会があったんです。

いわゆる、ルール不適合クラブ。

最近のルール適合クラブは飛距離性能が高いので、高反発クラブは必要あるのかどうか打ってみました。

そのクラブはこれ。

PRGR(プロギア) SUPER egg ドライバーです。

このクラブと一緒に同じeggのルール適合クラブも打ってみたので、そのクラブとの比較ができました。

PRGR egg ドライバーです。

ヘッドは同じ460㏄。

長さは4分の1インチほど高反発の方が長く45.75インチです。

 

 

さて、打った感触ですが、やっぱり高反発は凄い!という印象です。

初速が速い!

打感も球離れがとんでもなく速く感じます。

バックスピン量はそこそこあるので、低スピン弾道という感じでもなかったです。

ただ、試打したのは11.5°だったですが・・・

弾道はつかまりやすく上がりやすい。

そして、芯を外したときに初速の落ちが少なかったように感じます。

この辺は、高反発クラブだからかSUPER eggの特徴なのかは分からないです。

 

 

ルール適合eggと比べると、初速は1~2m/s位速いです。

打感は、ルール適合の方がフェースにくっ付いている時間が長く感じますが、高反発と比べると長いというくらいかな。

同じeggで比較できたので、差が分かりやすかったです。

やっぱり高反発の存在意義はありますね。

高反発のドライバーを何社か出しているのは納得です。

購入する人はいるような気がするんですよ。

需要と供給のバランスは成り立っているのかもしれませんね。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

 

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2018.12.10

    本日解禁
  2. 2018.12.4

    本当に12月?
PAGE TOP