スタッフブログ

ヨネックス EZONE CB 501 Forged アイアン インプレッション

鈴木です。

 

 

なかなか次のアイアンが決まらないので、いろいろと物色中です。

で、今回物色したのはこれ!

ヨネックス EZONE CB 501 Forged アイアンです。

クラブ契約フリーの池田勇太選手が使用しているクラブで、人気があるクラブです。

なかなかショップでは見かけないので、行きつけのショップの方に無理を言ってメーカーから試打クラブを借りてもらいました。

このクラブの特徴は、グラファイト制振材という物をバックフェースのスリットに入れてあるところです。

これによって、振動を抑え打感が向上し、尚且つ重心位置を低く深くすることで易しくしているそうです。

 

 

 

構えた感じですが、グースが少なくスッキリした顔つき。

メーカーではセミラージヘッドとなっていますが、そんなに大きくは感じないです。

今使用しているマッスルバックより少し大きめという程度。

トップブレードは少し厚みがありますが、僕は全然気になりません。

 

 

さて、打った感触ですが「弾く感じがあるのに打感が柔らかい」というのが第一印象。

今までにない感触です。

グラファイト制振材という物の効果なのでしょうね。

飛距離と弾道の高さはロフトなりという感じ。

以前使用していたスリクソン Z725(同じロフト角)より、打ち出し角が少し高くバックスピン量が少し少なめかな。

ロフト角の見える感じと弾道が一致しないと弾道のイメージがし難いんですが、このクラブは大丈夫そう。

そして、このクラスのクラブとしてはミスへの寛容性は高く感じます。

ちょっとトップ目に当たってもボールは浮いてくれて、飛距離のロスも少ない方です。

メーカーの謳い文句の「見た目以上のやさしさ」は感じますね。

スッキリ構えられるのに、ミスヒットは少し助けてくれる。

結構良いかもしれない・・・

 

 

ちょっと値段がお高めなのが気になりますが、僕にとってはストライクなクラブ。

購入候補に入れちゃいます。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

  1. タイトリストのボーケイウェッジ

スタッフブログ

  1. 2019.10.2

    真夏日?
PAGE TOP