スタッフブログ

クリーブランド RTX 4 ウェッジ インプレッション PART 2

鈴木です。

 

 

以前試打したウェッジと同じ種類ですが、ちょっとだけ違うタイプ。

クリーブランド RTX 4 ウェッジですが、今回はソールタイプがLOWの物を試打しました。

今回も、メーカーに試打クラブを借りてもらっちゃいました。

 

 

以前のMIDと違う点は、ソール形状とバウンス角。

 

左がLOWで右がMIDです。

ロフト角58°の物で、LOWはバウンス角6°でMIDは9°。

どちらもバウンス角一桁のわりには、バウンス角があるように見えます。

もちろん、今回のLOWの方が抜けが良さそうに見えます。

 

 

構えた感じはほぼ一緒なので、打った感触のみで。

MIDとの違いは、やはり抜けの良さですね。

人工芝で打っても芝で打っても抜けが良く、距離感が出しやすいです。

ソールが跳ねて思いの外ボールが飛んでしまうことも無く、細かく距離をコントロールし易いんです。

フェースを開くと適度にバウンスが効いてくれるので、ザックリの怖さもありません。

ただ、深めのラフからは下をくぐりやすく、今までよりショートしやすいというところはありますけどね・・・

それでも、これは予想以上に良いかも・・・

 

 

ちょっと心配していたのはバンカー。

バウンス角が少ないですからねぇ・・・

バンカーはそんなに得意な方じゃないし・・・

で、打ってみたところ、これまた予想以上に良いかも・・・

フェースを開けば、しっかりバウンスが効いてくれて砂を弾く良い音がします。

さすがに少し距離が出にくいところがありますが、これは慣れもあるかな。

なにせ、今までの半分以下のバウンス角なのでね。

 

 

ローバウンスは以前一度使ったことがあるんですが、ヘッドが抜け過ぎちゃってダメだったんです。

しかし、このウェッジは大丈夫そう。

バウンス角という数字に騙されちゃいけませんね。

かなりの好印象です。

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2019.08.3

    体温以上
PAGE TOP