スタッフブログ

グラファイトデザイン ツアーAD MT

鈴木です。

 

 

まだ脇腹の具合が思わしくないので、以前にゴルフショップの試打室で打ったものでも書こうかと思います。

本当は広いところで打ってから書きたかったんですが、まだまだ先になりそうなので仕方がないですね。

 

 

というわけで、今回はグラファイトデザインツアーAD MTです。

mt (2)

昨年の後半から、ツアープロでもこのシャフトにチェンジしている人が多いですね。

今回のカラーはレモンイエロー

ツアーADでは今までに似たカラーがないので、一目でMTって分かります。

mt (1)

このカラーのシャフトは、よくテレビでも目にしたでしょ?

 

 

さて、打った感じですが「中調子でも中間部分は硬い」というのが第一印象です。

撓るポイントは、手元部分と先端部分。

いわゆるダブルキックのシャフトになります。

トップからの切り返しで手元部分が撓るんですが、撓り幅は小さめ。

比較的、しっかりしたシャフトの印象です。

中間部分は硬いので弾く感じはありますが、それほどシャフトの動きが強烈ではないので強く弾く感じではないです。

僕は、中間部分が硬いシャフトは苦手なものが多いんですが、このシャフトは苦手どころか結構振りやすく、あまり曲がらない感じがしました。

僕の感覚では、撓る手元部分と硬めの中間部分のつなぎ目の辺りが良い感じがします。

手元部分と中間部分の撓り方が急激に変わるのではなく、中間部分になるにつれて徐々に硬くなっていく感じがしたので、中間部分の硬さがそんなに気にならなかったのかもしれないです。

先端部分は少し動くので、つかまりも程々です。

全体的に動きが大きくないシャフトなので、しっかり撓らせられるスピードと技術がないと持ち味をフルに発揮しにくいかもしれません。

 

 

最初にも書きましたが、できれば広いところである程度打ってから書きたかったんですが、当分先になりそう・・・

実は、脇腹の痛みがなくなってきたので軽~く打ってみたんです。

打っているときは、違和感はあるもののそれほど痛みは感じなかったんですが、練習後に段々痛みが・・・

しっかりクールダウンもしたんですが、まだまだダメみたいです。

 

 

そんなわけで、しばらくは今回みたいに試打室でちょっと打った物の感想になってしまいそう。

打ったときの第一印象だけが頼りなので、ちょっと細かいところまで分からないかもしれないのと、感触と弾道がしっかり一致しているか分からない怖さがあるのでちょっと不安なところもあります。

そのへん、ちょっと大目にみていただけると助かります(;^ω^)

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

PAGE TOP