スタッフブログ

頂き物

鈴木です。

 

 

先日、ウェッジを頂いたんです。

titleist forged 2011 (6)

初代のタイトリスト ボーケイデザイン フォージド ウェッジです。

たしか、2011年のモデルだったかな?

でも、ほとんど使用していなかったらしく、凄く綺麗な状態です。

しかも、1本ではなく・・・

titleist forged 2011 (1)

52°と58°の2本です。

2本とも綺麗な状態でしょ?

入っているシャフトは日本シャフトNS PRO 950GHだったので、さすがにちょっと軽めなのでリシャフトすることにしました。

んで、どのシャフトにしたかというと・・・

ns pro modas3 sistem3 (5)

日本シャフト N.S.PRO MODUS³ SYSTEM3 TOUR125!

アイアンのリシャフト計画の第一候補のシャフトです。

ウェッジも購入計画があるんですが、そのシャフトもどれにするか悩んでいるので、ウェッジでのこのシャフトもお試しなんです。

 

 

構えた感じですが、同じボーケイデザインスピンミルドシリーズより面長に見えます。

titleist forged 2011 (5)

リーディングエッジの丸みが少なく、あまり出っ歯には見えません。

グースが付いているほどでもないので、開いても構えやすいです。

 

 

打ってみると、低めの弾道でスピンがよくかかります。

綺麗な状態なので、溝が全然減っていませんからねぇ。

しっかり止まりますよ。

打感は柔らかめで、フェースにボールが乗っている感覚が手に伝わってきます。

 

 

凄く感触は良いんですが、ちょっと気になる点が一つありまして・・・

シャフトのせいなのか、ショートアプローチの距離感が少し合わないんです。

このシャフトは、今まで使っていたダイナミックゴールドより中間部分の撓りが少し大きく、ヘッドが走りやすいんです。

先端部分がしっかりしているので、捕まりすぎたり上がりすぎたりはしないんですが、ちょっと思ったより飛んでしまうんです。

58°でのアプローチは慣れるまで少し時間が欲しいところです。

52°に関しては、もともとショートアプローチで使う場合はランニングアプローチぐらいだったので、100ヤード前後の距離で出番です。

こちらも今までよりちょっと距離が出るかな・・・

でも、これは慣れるのに時間がかからなそう。

というより、お気に入りのクラブになりそうな予感!

 

 

58°は気に入るものが見つかるまで使う予定でしたが、このクラブも結構いい感じなので、溝が減ってくるまで使ってみようかな。

52°にいたっては、しばらくエースクラブでいけそうなくらい。

まぁ、まだコースで使っていないので決定はできませんけどね・・・

 

 

 

 

座間地区ゴルフスクール・茅ヶ崎地区ゴルフスクール担当 鈴木

関連記事一覧

スタッフブログ

  1. 2020.09.24

    助かったかな
  2. 2020.09.13

    3W検討中

アーカイブ

PAGE TOP